フォト
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

ゼロニィ 北日本新聞

本日発刊

北日本新聞

02(ゼロニィ)

2013.3

Vol.131

当店が出ております。

20133a

表紙

表紙を開いてすぐ(表紙の裏)です。

20133

今回は、色々なブランド紹介です。

よろしければチェックしてやってくださいませ◎

2013年2月24日 (日)

TALEX × ラウンドメタル

黒部のS君スペシャルサングラス完成!!

テーマは

「エキセントリック 森田童子」

Ssama_2

レンズ:タレックス ラスターブラウン ゴールドミラー

フレーム:デッドストック(‘80年代)ラウンドメタル

Talexbanner13050 http://www.talex.co.jp/

S君、タレックスのサングラス.2本目なんですが、

前回もプラの丸眼鏡。

普通な眼鏡より、個性的な眼鏡が良くにあいます◎

20代で、森田童子が出てくるところが変態ですね!

(“変態”は褒め言葉です)

Moritadouji
森田童子さん、きっと美人ですね。

この時代に行ってみたい!!

2013年2月21日 (木)

展示会 東京

19日~20日と展示会に行ってきました。

JAPONISMやBCPCを手掛けるBOSTONCLUBさん。

また洒落た展示会場、場所は目黒、中目黒駅or渋谷駅より

歩いて10分程。

「みどり荘」

http://midori.so/

クリエイティブな人たちの集まる場所です。

Photo
会場の様子

今回、ボストンクラブさんは新しいブランドを立ち上げました。

その名は

“BOSTONCLUB”

そのまんまですが、分かりやすくて好きです。

2_2

1984年創立時に製造していた眼鏡から、

同社で保管されていた30年前の金型や図面

を基に、新たなジャパニーズトラディショナルを提唱。

Photo_2
金型

モノづくりの原点と理想を追い求めています。

もちろん製造は全てメイドインジャパン!!

掛けゴコチもGOODでした◎

仕上がりが楽しみ☆

そして空き時間を利用して、

好きな珈琲店巡りと、現代アートの美術展へ。

六本木ヒルズにある森美術館へ。

会田誠展:天才でごめんなさい

Aidamakoto_2

新作の「考えない人」

いつも作風が定まらない感じに定まっていて、

そんな、アーティストアーティストしてない感じ

が好き◎

変態ですね☆

次は、国立新美術館へ

16th JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL

第16回 文化庁メディア芸術祭

http://j-mediaarts.jp/

Mediaarts

幅広いジャンルのメディア芸術作品を展示しており。

脳にも身体にも、沢山刺激を受けました。

詳しくはHP http://www.nact.jp/

そして珈琲店めぐり。

まずは恵比寿にある

「自家焙煎 ヴェルデ」

2_4

ポットの絵カワエ~。

1_2

ブレンドの深煎り

香りも味も深いです◎

深煎りでなくても、全体的に深い感じ。

たっぷりの豆をネルドリップで。

しっかりとした珈琲!

そして、東京に来たら必ずよる

南青山の

「大坊珈琲店」

Photo_4

店内は撮影禁止(写真撮ってると雰囲気に合わない)

いつも飲む

ブレンド

④25g 50cc

豆の量とお湯の量でメニューが表示されており

お好みの濃さを選ぶ感じ。

2杯目は

ストレート

⑥モカ

大坊さんはネルドリップなのですが、

一滴一滴をゆっく~りと丁寧におとしていきます。

珈琲の美味しい部分だけが抽出されているような気がします。

こんなに丁寧にいれるお店は、他には無いですね。

独自のスタイルをもっているのがとてもカッコよく感じます。

今回、丁度焙煎をしておられる時間でした。

機械ではなく、鋳物ガスコンロに手回しの焙煎機。

ふだん口数が少ないマスターですが、

“今ね、珍しい豆を頼まれて焼いてるんですよ、、、”

と楽しそうに色々とお話してくれました。

おいしかった~~◎

三店目

銀座

珈琲だけの店

「カフェ ド ランブル」

http://www.h6.dion.ne.jp/~lambre/

1_3

戦後からやってる有名店です。

2_5

No.6 ドゥミ・タッス

もちろんネルドリップ。

深いとゆうか、奥行きがあるとゆうか。

美味い!!

ランブルさんでは、オールドコーヒーなるものがございまして。

生豆を貯蔵(エージング)するそうです。

チーズとゆうかワインというか。

また違った味と香りを楽しめます。

いやー贅沢しました☆

最後にビッグサイトでもチョットお仕事。

Bigsite

2013年2月18日 (月)

BCPC style BP-3143

BCPC style

BP-3143

Bp3143a


ウェリントン、気になるけどちょっと・・・

とゆう女性にも使いやすいです◎

BCPCスタイルシリーズ定番のオールセルロイドフレーム。

細身ですっきり、サイズも大きすぎず、女性がかけてベストな

ウェリントンを追求しました。

Col.05のパープルは、デミ柄とパープルを貼り合わせた、

セルロイドでは他にないBCPCオリジナルカラーです。

2013年2月 8日 (金)

spec espace ニューモデル2型 紹介

new model

spec espace


Es6066a_2

ES-6066

今回のモデルは柔らかなレンズシェイプで

女性にも使いやすいモデルですね。

顔を包み込む立体フレーム構造。

1枚のシート状のチタンからレンズを挟む部分を線状に切り出しています。



Es6162a_3
ES-6162

1枚のシート状のチタンを「折り紙」のように折り込んでレンズを固定する土台を作っています。

Es6162c_3


“立体的”に造形され“空間性”を生み出しています。

「ひとつうえのかけやすさ」を目指したメガネ。

2013年2月 4日 (月)

New Brand 「STEADY」

ニューブランド

STEADY(ステディ)

バランスの取れたデザイン性と全行程 Made in Japan

「ぶれないモノづくり=STEADY(ステディ)の意味」を目指す。

Std03

STD-03

Std04

STD-04

飽きのこない、永く使える眼鏡

“The Ordinaruy Spectacles”=自分の定番となる眼鏡

をブランドコンセプトに2012年に

多くの眼鏡を手掛けてきた金子昌嗣氏 が立ち上げ。

Std04b
STD03 STD04 ヒンジ

Std05b_5

STD-05

Std05a_7
STD-05

今回のテーマは“Neo Classical & Moral Tone”

ネオクラシカル[古典主義] & モラルトーン[気品]

Std01

STD01

Std02_4

STD02

ライトなクラシックデザインに仕上げる事により気品感をかもしだしている

大人の眼鏡プラス女性にもなじみやすい雰囲気に仕上げている

Stdcase
CASE

かなりのオススメ☆☆☆(店長)






2013年2月 2日 (土)

spec espace 新作入荷

new model

spec espace

ES-7083

Es7083a


アセテートとシートメタル組み合わせの新作!

もともとストレスフリーな掛けゴコチですが、更に良くなりました◎

Es7083b

ヒンジレス(蝶番のない構造)でとっても頑丈でありながら、

頭部をとても柔らかく包みこんでくれます。

激しい動きでも安定してブレがありません。
Es7083c_2

解放された両サイドの空間をりようして収納。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »